『やまとなでしこ』 再放送されないドラマ 名シーン・名ゼリフ集1

やまとなでしこ
2000年 フジテレビ

脚本:中園ミホ、相沢友子

神野桜子(27) 松嶋菜々子
中原欧介(35) 堤真一
塩田若葉(23) 矢田亜希子
東十条司(30) 東幹久
佐久間為久(39) 西村雅彦
佐久間真理子(33) 森口瑤子
粕屋紳一郎(35) 筧利夫


貧乏が大嫌いな合コンの女王、神野桜子は、最高の玉の輿に乗るため、連日お金持ちとの合コンに励んでいた。彼女にはすでに東十条司という大病院の御曹司の婚約者がいるのだが、もうワンランク上の金持ちとの出会いを求めていると、そこへ中原欧介が現れる。桜子は一目で恋に落ちる。彼のつけていたピンに! それはお金持ちの証である中央競馬会の馬主のピンだった……。
欧介も桜子に一目惚れ。昔の恋人、ゆきこにそっくりだった。しかし、本当の欧介はお金持ちではない。潰れる寸前の魚屋。身分を偽り、大金持ちのお得意さんが忘れたピンを偶然胸につけて、合コンに参加していただけだった。
桜子はそれを知らずに婚約者と別れ、猛アタック。欧介も本当のことを言えないまま、2人はキスをする。
だが、欧介の嘘はバレてしまう。貧乏が大嫌いな桜子は、きっぱりとあなたとはご縁がないと断るのだが、彼女には一つだけ気がかりなことがあった。それは、亡き母が教えてくれたこと。
『お金より、もっと大切なものがある。お金じゃ買えない、たった一つのものよ』
彼女はそれが何なのか、欧介と出会い、たった一つの大切なものを見つけるようとする。そして、幼い頃から繰り返し夢に現れる、あの王子様はいったい誰なのか。桜子は本当の恋に落ちていく――

桜子は、動機も目的も単純明快でわかりやすく、当時の時代背景や女性観もうまく捉えていて、視聴者から愛されていた。
彼女が、お金よりも大切なたった一つのものを求め、葛藤し、悩み、苦しむ姿に視聴者は共感した。
なぜなら、わたしたちも生まれた時から、実はその”たった一つの大切なもの”を見つけるために生まれたと思っているから。

恋愛ドラマの鉄則は、いい人ほど振られてしまう、ということ。これが切なさを演出する。
東十条も若葉もものすごく最高にいい人たち。
しかし、そんないい人を振ってまで、自分の思いに正直になり、好きな人のもとへ行きたい衝動を抑えられなくなるのが恋だということ。

再放送は、大人の事情でされることはないと思われますので、ここで名シーンと名ゼリフを振り返りたいと思います。
本当は、全巻レンタルしてみてほしい。その際は、『ノッティングヒルの恋人』も併せて借りるといいでしょう。

やまとなでしこ ドラマ

やまとなでしこ 名シーン・名セリフ集 (前半)

(第1話)桜子の合コンテクニック……
桜子「わたしたち見かけがほんのちょっと派手だからよく誤解されるんです。でも、中身は普通の女の子と同じ。たった一人の男性との出会いを夢見てるんです」
だが目は、男たちの高級時計、ブランド靴、名刺入れ、そして高級外車のキーを見定めている。そして、狙いを定め、
桜子「今夜は来てよかった。そのたったひとりの人に巡り会えたような気がする」
と、最高の笑顔を向け、男がその微笑に見惚れている間、熱いコーヒーを彼の手にこぼす。冷たいおしぼりで手を拭ってやり、いたわると、ものの数分で男を落としてしまう。
熱いものをこぼすのは、やけどが残って、桜子を忘れさせないため。考え尽くされた合コンテクニック。

(第1話)桜子が落とした金持ちの男はかなりのブサイク。CAの同僚が、あれはないというのに対し……
桜子「じゃあ、みんなは男のどこを見てんの?」
若いCA「やっぱり顔と性格、それと洋服のブランドは一応チェックします」
桜子「アルマーニ、グッチ、まあそれもいいでしょう。カルチェ、ブルガリ、ロレックス、それもたしかに基準にはなるかな。がしかし、一番チェックしなきゃいけないのは、車のキー。そこから年収、不動産、持ち株、男の財力がだんだんと姿を現してくる。そのときこそわたし、この人にかけてみようと思うなー」
若葉「先輩! それ恋じゃないですよ」
桜子「(深刻に)そう。実は、わたし……まだ本物の恋はしたことがないの」
同僚「じゃあ、なに? 桜子のいう本物の恋って」
桜子「中央競馬会の馬主のピン」
一同「……はい?」
(おもしろいけど中略)
若葉「いくらなんでも先輩、ゆがんでますよ」
桜子「そりゃあ、若くてハンサムで背が高くて大金持ちの男がいたらそれに越したことはないけど、借金まみれのハンサム男と裕福なブタ男。どっちが結婚して女を幸せにしてくれると思いますか?」
ぐうの音も出ない一同……

(第1話)欧介がしている馬主のピンを見て……
桜子「今夜は、たったひとりの人に巡り会えた気がする」
と、お鍋の熱々の汁をこぼし、欧介をお持ち帰り。
その翌日、桜子は欧介を勘違いしたまま、彼が連れてってくれた釣りデートを楽しみ、
桜子「不思議ね。願った奇跡がこんなに近くにあったなんて」
そして、東十条のプロポーズを断る桜子だった。

(第1話)欧介は、桜子に自分はお金持ちではなく、貧乏な魚屋だと伝えたいがなかなか言い出せず……
欧介「お金より、心が大事ですよね」
桜子「(表情が一変)いま、なんて?」
欧介「……え? だから、お金より、心が大事だと」
桜子「お金より心が大事? 欧介さんはお金持ちだからそんなことが言えるんです。子供の頃から一度もつらい思いなんかしたことないんじゃないですか? 心なんてきれいごと言ってたら一生貧乏から抜け出せない。貧乏人を幸せにしてくれるのはお金。お金だけ。わたし、貧乏なんて大っ嫌い!」
欧介「桜子さん……。どうしたんですか」
桜子「欧介さん。わたしのこと幸せにしてください」
大きくうなずく欧介。
桜子「(満面の笑みで)欧介さんがお金持ちでよかったー」
けれど、欧介は本当のことを言いたい。言わなくちゃ、と焦る。一方の桜子の気持ちは止まらない。
桜子「わたしがずーっと探してた人。あなたはつらいこと全部忘れさせてくれる。あなたといると未来が見えるんです」
欧介「……十年後のぼくが、あなたには見えるんですか」
桜子「見えるわ。十年後も二十年後も」

そして、桜子からのキス。
欧介は、言わないと決めた……

(第2話)深夜、デートの帰り道で……
桜子「ねえ。道草しない?」
そう言って彼女は、閉門した公園へ欧介を誘う。
二人きりの公園デート。ボートの上で欧介が優しく語っていると、彼女は安心したように眠る。桜子は、本当はどんな女性なのか。彼が黙って見つめていると、ふと目を覚ました彼女が立ち上がり、ボートから二人とも池に落ちてしまった。
桜子「あー。目が覚めた」
と、うれしそう。欧介も笑ってる。
そして二人は見つめ合い、静かに歩み寄り、キスをする。

(第2話)池に落ち、濡れて帰る早朝の代官山で彼らは別れる。欧介は彼女を見送る。桜子、それに気づいて振り返り……
桜子「風邪ひきますよ」
欧介は見送りたくて、彼女を優しい表情で見つめる。
桜子「ほんとにひいちゃうよ」
欧介、微笑み、「じゃ」と言い、ようやく別れるが、彼らは名残惜しくいつまでも見つめ続ける。

(第2話)その日、東十条から欧介が魚屋だと聞かされた桜子。彼女は欧介を信じたい……。けれど、たしかめに魚春へ向かい、彼に電話をかけた……
桜子「さっき別れたばかりなのに、もう会いたくなって……。声だけでも聞きたくなって。……今日も会いたい。明日も、明後日も、毎日でも会い続けたい」
桜子は深刻な表情で顔をあげる。視線の先には魚屋。そして嘘をつき続ける欧介の姿が……。
桜子「……あなたが、嘘ついてなかったら」
ショックを受ける桜子は言葉を失っている。必死に弁明する欧介。
欧介「その場限りの嘘がこんな後を引くなんて。なんて謝ったらいいのか。本当に何度も何度も言おうと思ったんだ。でも、桜子さんのぼくを信じてる笑顔を見ると、どうしても言えなくて……。嫌われるのが怖かったんです。それどころか、もっともっと、あなたを喜ばせたくなって。どんどん桜子さんを好きになっていく自分を抑えられずに、Uターンできなくなるくらい、あなたを好きになっていました」
桜子「本当のこと言ったら、わたしがあなたを嫌うと思ったんですか?」
欧介「すみません。桜子さんはそんな人じゃないですよね。仕事や家や車で、人を好きになったり嫌いになったり、そんな人じゃ……」と、深く反省する。
桜子「じゃあ、馬主のピンは?」
欧介「すみません。預かってたんです。お屋敷のご隠居さんから。お屋敷もピンも借り物で……。でも、あなたを思うこの気持ちだけは」
桜子「嫌いになりました。さようなら」
と、満面の笑みで去る。

(第3話)桜子をストーカーから助けた欧介だが……
桜子「あなたには関係ないと思いますけど、助けてくださったのでご説明します。合コンで知り合って、ベンツでマンションまで送ってくれた人です。わたしの査定では、年収1億でした。でも会社が潰れてしまったそうです。つまり、わたしとはご縁がなかったということです」
欧介「あなたは年収でしか人を見ないんですか?」
桜子「いえ。年収と遺産と不動産」
欧介「いや、そういうことじゃなくて……あの、愛情とか……」
桜子「愛情で人が幸せになりますか? わたしはなれないんです。それじゃあ」と去る。
欧介「あのときの桜子さんは、幸せそうに笑った……ような気が」
桜子「(振り返り)あのとき?」
欧介「デートのとき……」
桜子「デートなんかしてません。査定しただけです。あれは時間のロスでした」
欧介「でも、ぼくを道草に連れってくれて」
桜子「あれはわたしのミスでした!」
桜子は去ろうとするが、欧介は引き止めて、
欧介「ロスやミスから本当のことが見つかることだってあるでしょう」
桜子、ゆっくり無言で振り返る。
欧介「いえ、あなたには意味のないことでしたね……」

(第3話)東十条との結婚を決めながら、合コンを続ける桜子に対し、若葉たちがなぜそんなにお金に執着するのか桜子に問う場面……
桜子「じゃあ聞くけど、どうしてルックスや性格で男を選ぶのは褒められて、お金で男を選んじゃいけないわけ?」
若葉「やっぱり先輩ゆがんでます」
桜子「(驚いた顔)身長や顔や性格は生まれながらのものよね。所詮、遺伝子と環境の問題でしょ。本人の努力ではどうにでもならない不公平なハードルがあるわよね」
なみ「それは言えてます」
桜子「でも、お金持ちになれるかなれないかは、本人の努力次第でどうにでもなるじゃない。先天的なブ男でも、後天的な努力で勝ち取れるのがお金持ち。だとしたら、わたしの選び方のほうがより公平な評価ができると思わない?」ドヤ顔で。
一同、言い返せず……。
桜子「ハンサムな遺伝子が好きな女がノーマルで、お金持ちが好きな女がゆがんでる? そんなのおかしいじゃない」

(第3話)過労で倒れた桜子は、欧介に担ぎ込まれて入院する。欧介に付き添われる中、彼女は貧乏が嫌で嫌でしかたなかった少女時代の夢を見る。顔の見えない男性が、少女の桜子に近づき……
夢の男性の声「桜子。もう大丈夫だよ。おうちへ帰りなさい」
少女の桜子「いや。帰りたくない。うち、貧乏だから」と、涙をこぼす。
夢の男性の声「泣かないで。ぼくがいつか迎えに来るから。きっときみの辛いこと全部忘れられるから。必ず迎えに来るよ」
手を伸ばす桜子の手を握る欧介。彼は一晩中握り続けた。が、桜子が目を覚ましたとき、手を握っていたのは東十条だった。
桜子「夢を見てたの。子供の頃から見ていた不思議な夢」
東十条「どんな夢?」
桜子「(幸せそうな顔で)わたしの王子様」
握られた東十条の手を見つめ、
桜子「あなただったのね。夢の中で、ずっとこの手を探してたの。寝てる間中、ずっと握っててくれたのね」
東十条は、それが欧介だったことに気づいていながらうなずく。
桜子は勘違いしたまま、欧介が持ってきたアンティークおもちゃのカメレオンも東十条のプレゼントと勘違いしてしまう……

(第4話)MITの同級生の結婚式に出席する欧介。そこに桜子たちもいた。欧介は新郎にスピーチを頼まれる。そして、名スピーチが生まれた……
欧介「物理学者のリチャード・ファインマンは、こんなことを言ってます。数学や物理というのは、神様がやってるチェスを横から眺めて、そこにどんなルールがあるのか、どんな美しい法則があるのか探していくことだと。最初からそんな法則はないと思うことはできます。この宇宙で起こってることは全てデタラメで、意味のない出来事の繰り返しばっかりで。だとしたら、数学者たちは何もすることがなくなってしまうんです。そんな退屈な宇宙に住んでいることじたい、嫌気が差してしまう。でも岡本は、チェスの謎を解くことをあきらめませんでした。おまけに、ゆりさんのような人と巡り合うことができた。ひょっとしたら、人と人が出会うことも、そのルールに則ってるのかもしれません。もしそこに何かのルールがなかったら、二人はどっかで出会っても、そのまますれ違って、関わりあうことも、言葉もかわすこともなかったはずなのに。宇宙の片隅のこの会場で、ぼくたちはこうして集まることができた。そして今日、ぼくたちがこんなにハッピーなのも、岡本が”たった一人の女性”と巡り合ってくれたおかげです。運命という一番難しい謎を今日、彼が解いてくれたような気がします。おめでとう!」

(第5話)漏電から火事になった桜子の部屋。彼女は、洋服を取りに部屋へ戻ろうとするのを欧介が引き止める……
欧介「服なんてどうでもいいだろ!」
桜子「どうでもよくない! 洋服はわたしのすべてなの! 人生そのものなの!」
欧介、それを聞いて決心、アパートの中へ向かう。が……
桜子「(彼を引き止めて)ちょっと待って!」
欧介「!」
桜子「2階の一番奥!」
欧介「……」
欧介、火の中へ入っていく。
そして彼が持ってきたのは、二人が出会ったときに桜子が着ていた服だった。

長くなりました。
後半の名シーン・名ゼリフ集へ続きます!

Pocket

followme